壁・屋根の塗り替え・塗替えはぬりかえ.net住宅の外壁・屋根の塗り替え・リフォーム

ぬりかえ.net

Googleサイト内検索
 
ぬりかえ.NET 事務局
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
TEL:082-243-5535
FAX:082-243-6444
新築あるいは改築した家に入居した人から、目、頭、のどの痛みなどの症状が出る場合があり。こうした症状はシックハウス症候群と呼ばれています、住宅の高気密化や化学物質を放散する建材・内装等の使用による室内空気汚染が原因と考えられています。 | 住宅の外壁や屋根の塗り替え・塗替え・リフォーム|ぬりかえ.net

シックハウス対策

シックハウス症候群とは?

 新築あるいは改築した家に入居した人から、目、頭、のどの痛みなどの症状が出る場合があり。こうした症状はシックハウス症候群と呼ばれています、住宅の高気密化や化学物質を放散する建材・内装等の使用による室内空気汚染が原因と考えられています。
 

ホルムアルデヒド

メタノールを酸化して得られる物質で、融点 −92 ℃、沸点 −19.3 ℃、分子量;30.03。刺激臭を持つ無色の気体です。
人体へは、粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、蒸気は呼吸器系、目、のどなどの炎症を引き起こします。皮膚や目などが水溶液に接触した場合は、激しい刺激を受け、炎症を生じます。
接着剤、塗料、防腐剤などの成分であり、安価なため建材に広く用いられている。しかし、建材から空気中に放出されることがあり、その場合は低濃度でも人体に悪影響を及ぼす、「シックハウス症候群」の原因物質のうちの一つとして知られています。現在、建築基準法によりホルムアルデヒドを放散する建材の使用制限が設けられています。
 

建築基準法に基づくシックハウス対策について

シックハウス対策に係る規制は、平成15年(2003年)7月1日に施行されました。

内装仕上に使用するホルムアルデヒドを発散する建材には、次のような制限が行われます。
建築材料の区分ホルムアルデヒドの発散JIS、JASなどの表示記号内装仕上の制限
建築基準法の規制対象外少ないF☆☆☆☆制限なしに使える
第3種ホルムアルデヒド発散建築材料F☆☆☆使用面積が限定される
第2種ホルムアルデヒド発散建築材料F☆☆使用面積が限定される
第1種ホルムアルデヒド発散建築材料多い旧E2、Fc2又は表示なし使用禁止

天井裏、床下、壁内、収納スペースなどから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐため、次の 銑のいずれかの措置が必要となります。
〃材による措置天井裏などに第1種、第2種のホルムアルデヒド発散建築材料を使用しない
(F☆☆☆以上とする)
気密層又は通気止めによる措置気密層又は通気止めを設けて天井裏などと居室を区画する
4控だ瀏による措置換気設備を居室に加えて天井裏なども換気できるものとする

住宅の外壁や屋根の塗り替え・リフォーム|ぬりかえ.net
〒730-0053 広島市中区東千田町二丁目3番26号
TEL:082-243-5535 FAX:082-243-6444

Copyright 2007〜 Nurikae.net All Rights Reserved.