壁・屋根の塗り替え・塗替えはぬりかえ.net住宅の外壁・屋根の塗り替え・リフォーム

ぬりかえ.net

Googleサイト内検索
 
ぬりかえ.NET 事務局
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
TEL:082-243-5535
FAX:082-243-6444
塗り替えや塗料に関する専門用語をわかりやすくご説明します。 | 住宅の外壁や屋根の塗り替え・塗替え・リフォーム|ぬりかえ.net


【乾燥・硬化】かんそう・こうか
塗料の乾燥・硬化は温度・湿度に影響を受ける。特に自然乾燥塗料の場合、乾燥条件を工場塗装のように一定に定め、管理することは困難であり、そのため乾燥条件に起因する事故の発生もある。
塗装に好ましい条件は、気温15℃〜30℃、湿度75%以下である。塗装できる条件をもう少し広げると、気温5℃〜40℃、湿度85%以下になる。
気温5℃以下、湿度85%以上の範囲では、塗装の乾燥が大幅に遅れたり、白化(ブラッシング)を起こしたり、2液形エポキシ樹脂塗料では反応が進まず、期待する性能が得られないなどの問題が起きる。

【乾燥不良】かんそうふりょう
塗装した塗料が、一定時間経過しても塗膜が固化せず、柔らかい状態が継続してしまうこと。


【グリットブラスト】ぐりっとぶらすと
ケレン方法の一種で、稜角のある鉄やガラスの粒子を高圧の空気と共に吹き付けて、鉄面のさびや黒皮を除去する方法。

【黒皮】くろかわ
黒錆とも呼ばれる酸化鉄皮膜のことで、硬く、除去しにくい。

【ケレン】けれん
劣化した旧塗膜等を剥離させる道具又は作業の総称。化学的な酸洗法と機械的に落とす物理的方法がある。
機械的ケレンの代表例がブラスト法である。

【建築の塗装】けんちくのとそう
外壁、屋根、門扉、手摺、ドア、内壁、天井、床などの塗装のこと。

【合成樹脂エマルションパテ】ごうせいじゅしえまるしょんぱて
合成樹脂エマルション、顔料、充填財などを原料としたペースト状塗料で、モルタル、コンクリート、石膏ボード、合板などの表面を合成樹脂エマルションペイントで仕上げる場合の下地ごしらえに使用する。

【合成樹脂エマルションペイント】ごうせいじゅしえまるしょんぺいんと
水に不溶なアクリル繊維などを水に分散させた乳白色のエマルション樹脂に、着色顔料や体質顔料、添加剤などを加えて塗料化したもの。屋外への適用は減少しているが、屋内用塗料として天井や壁面に使用され大きな需要がある。
水で希釈して塗装できるので作業性に優れ、環境や健康にも優しい。塗膜は通気性がある。

【コンプレッサー】こんぷれっさー
空気圧縮機。エアスプレー、エアレススプレー、静電塗装、リシン、タイル吹付け木の霧化用、動力源用として広く使用される機械。
参考:斯文書院 新しい塗装の知識
住宅の外壁や屋根の塗り替え・リフォーム|ぬりかえ.net
〒730-0053 広島市中区東千田町二丁目3番26号
TEL:082-243-5535 FAX:082-243-6444

Copyright 2007〜 Nurikae.net All Rights Reserved.