壁・屋根の塗り替え・塗替えはぬりかえ.net住宅の外壁・屋根の塗り替え・リフォーム

ぬりかえ.net

Googleサイト内検索
 
ぬりかえ.NET 事務局
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
TEL:082-243-5535
FAX:082-243-6444
素地・下地処理が適正になされていないと、塗装の出来上がり品質や外観、耐久性に大きく影響を及ぼします。木材、金属、モルタル、コンクリート等のチェック項目です。 | 住宅の外壁や屋根の塗り替え・塗替え・リフォーム|ぬりかえ.net

素地・下地調整

素地・下地調整のチェック項目

チェック項目 一般的条件
割れ・破損・浮き 防水処理ならびに補修がしてあり、仕上塗材の仕上げに支障のないように下地調整されていること。
不陸・目違い 仕上塗材の種類・厚さ・仕上りの程度などにより、許容できる範囲に処理されていること。
不純物の付着 下地は清浄な面とし、塵埃・油脂・錆ならびにモルタル・コンクリートのこぼれなどが付着していないこと。
下地の強度 十分な付着性を得るために、仕上塗材以上の強度と剛性を有していること。
下地の乾燥・pH・水分 仕上塗材の種類に応じ、適応できる条件(含水分・アルカリ度)に管理されていること。(EX、含水率10%以下、pH9以下)
取り付け金物の防錆 木ネジ・釘類は亜鉛メッキなどで防錆処理がしてあること。



木材の素地調整

項目 処理
材面の平坦化
(素地研磨)
家具材
下研磨:No.80〜No.120のサンドペーパーで材面の平坦度を出す。
上研磨:No.150〜No.180のサンドペーパーで下研磨面を補正する。

建築材
No80〜No120のサンドペーパーで研磨する
汚れの除去 機械油・手あか:揮発油・塗料用シンナーでふき取る。
接着剤残留・しみ:温湿布をあて、No.120〜NO150のサンドペーパーで研ぎ、削りとる。
やにおさえ 軽度のもの:節止めラックを塗布する。
強度のもの:ウレタン系やに止めシーラーを塗布する。
穴埋め 埋木、あるいはパテで埋める。



金属の素地調整

項目 処理
錆の除去 1種ケレン:サンドブラスト・ショットブラストで赤錆・黒皮を完全に取り去る。
2種ケレン:ディスクサンダーなどで浮き上がった黒皮や赤錆を完全に除去する。
3種ケレン:電動工具を用いて発錆部や劣化した塗膜は完全に除去する。活きた塗り膜は明荒らしをする。
4種ケレン:手工具で発錆部や劣化した塗膜は完全に除去する。活きた塗り膜は明荒らしをする。
脱脂・汚れの除去 揮発油や洗浄用シンナーで洗浄する。



モルタル・コンクリートの素地調整

項目 処理
清掃 素地調整に入る前に高圧洗浄を原則として行う。
水分・アルカリ分の調整 水分は10%以下、pH9以下とするが塗替えの場合はpHはあまり気にする必要はない。
よごれの除去 よごれ、付着物、レイタンス(あく)、エフロレッセンスなどは、ワイヤーブラシ等で除去する。
巣穴・豆板 ワイヤーブラシ等で脆弱層を除去して、軽量モルタル等をコテでコテむらがないように地付けする。
不陸 サンダーがけにより平滑にする。必要に応じて軽量モルタル等で不陸調整をする。
目違い サンダーがけを行い、軽量モルタル等で平坦にする。
欠損 軽量モルタル等で埋め戻し・整形補修をする。
ひび割れ クラック巾が約0.5mm以上のひび割れについては、VカットまたはUカットののち、シーリング材・軽量モルタルで埋め戻す。微細なひび割れはセメントフィラー等で刷毛引き処理で処理する。
鉄筋爆裂部 欠損部をはつり取り、鉄筋の錆をとる。防錆材処理をして、軽量モルタル等で埋め戻す。
フィーラー処理 塗装面全体をフィラーを塗布して、平滑にする・防水性を高める。近年は微弾性フィラーを塗替えでは使用することが多い。

住宅の外壁や屋根の塗り替え・リフォーム|ぬりかえ.net
〒730-0053 広島市中区東千田町二丁目3番26号
TEL:082-243-5535 FAX:082-243-6444

Copyright 2007〜 Nurikae.net All Rights Reserved.